財務専門官

新たに設定された国家公務員

財務専門官とは、制度改正により新設された国家公務員採用試験になります。
財務局の主要業務を担う人材を最小する試験として考えられている点が、今までの国家公務員採用試験との違いです。

専門部署としての採用となりますので、財政や金融のスペシャリストとして考えられています。
そのほかにも、税金に関する調査や検査、指導も行うことになりますので、活躍の場はかなりの範囲となるでしょう。

財務局や金融庁から委託された場所を中心とした活躍の場

財務専門官の働く場の中心となるのは、財務省の下部組織にあたる財務局となります。
金融庁からも委託を受けているため、財務や国有財産、金融施策を実施することも仕事となるでしょう。
大きく分けると、財政・金融・その他と分けることができますが、それぞれが全く違う分野です。

財政の業務は、予算執行調査が重要になります。
予算編成に対して、しっかりと使われているのか、効率的な内容なのかを精査することが中心です。

災害に対して復旧費用を計算することも大切な仕事になります。
状況を把握し、速やかに予算編成をすることにより、生活環境を安定させることができるだからです。
財政投融資や国有財産の活用など、財政の業務は多岐にわたるといっていいでしょう。

逆に金融の業務は、もっとわかりやすいものになります。
地域の金融機関の検査・監督を行い、リスク管理状況をチェックしたり、健全性を確認したりすることになるのです。
これからの業務は、預金者の財産を守るとともに、悪用されないような形を形成するために必要になります。

近い仕事として、証券取引の監査も重要です。
インサイダー取引など、違法な行為の監視を行う事で、投資家の財産の保護をしています。

その他業務という事で、企業へのヒアリングや地域経済のデータを集積し分析することも業務といえるでしょう。
これらのデータが財務省に上がり、施策の企画や立案に役立てていくことになるのです。
意見を吸い上げ、報告することによって、施策を安定させることも重要な仕事となります。

地域社会と国の行政や経済を結ぶ大事な仕事

財務専門官というと、まだ新しい採用方法になるため、なんだかぴんと来ないものでしょう。
しかし、地域社会と財務省や金融庁をつなぐという事では、重責を担うといっても過言ではありません。

地域の果たす役割は、国の行政や経済を左右する要因に一つでもあり、小さなものではありません。
その中で活躍していくことになりますので、プロフェッショナルでなければ勤めることはできないでしょう。
安心して生活できる環境を作っていくためにも、日本の経済発展のためにも、果たす職責は重要なものとなるのです。

About

Categories: 公務員一覧