労働基準監督官

労働基準監督官とは

労働基準監督官は、人々の生活の一部でも
労働の監視や各種調査等を業務として行う公務員であります。

各地域には、ハローワークがありますが、それと同じ様に
労働基準監督署も存在しており、地図等でも確認することが出来ます。
労働基準監督官の仕事は、労働基準に違反している業者に対しては、
改善するように求める等、酷い場合には摘発することもあります。

このように社会生活を営む上で、労働は非常に重要な役割の一部となっているので、
人々を劣悪な労働条件等から守るためには、その存在感が増しているといえるでしょう。
会社に対して労働条件の改善を促したり、安全衛生を確保したりするように指導、
労災保険の給付等を行っています。

会社に働いている労働者が身近に感じる場合は、この労災保険の給付だと推測されます。
労災保険は労働災害保険の略のことですが、会社の業務の中で事故等が起きて怪我をした場合には
それを認定されると一定の給付金が出るからです。

そのため、それを業務上での事故が起きた場合、それを申請する人も多いはずです。
なおこの労働基準監督官になるためには「労働基準監督官採用試験」に合格する必要があります。
そして募集にあたっては、「労働基準監督官A(法文系)」と「労働基準監督官B(理工系)」があり、
理系でも文系でもなることが出来る公務員です。

文系であれば法律を専門として試験を行い、理系であれば工業を専門として試験を行います。
受験資格は年齢制限があり、受験年の4月1日現在で21歳以上29歳未満である条件で、
21歳未満の場合は大学を卒業したか、卒業見込みで人事院が大学卒業もしくは
卒業見込みと同等と認められる場合です。

試験内容と合格率

試験内容は、労働基準監督官AもBも共に二次試験構成になっており、
労働基準監督官Aは教養試験(時事、文章理解、判断・数的推理、資料解釈、自然、人文、社会)と
専門試験(労働法、労働事情、憲法、行政法、民法、刑法、経済学、労働経済、社会保障、社会学)が
行われ、第二次試験として人物試験、身体検査、身体測定が行われます。

労働基準監督官Bは、教養試験(時事、文章理解、判断・数的推理、資料解釈、自然、人文、社会)と
専門試験(労働事情、工学に関する基礎)が行われ、二次試験にAと同じ様に人物試験、身体検査、
身体測定が行われます。

合格率に関しては、平成20年度現在、労働基準監督官Aが4.9パーセント、
労働基準監督官Bが11.4パーセントとなっており、法文系の方が難しい試験となっています。

試験日についても一次試験が6月中旬、二次試験が7月下旬となっておりAもBも共通の試験日になっています。
受験料は無料であり、一次試験は日本全国の地域で行われ、二次試験は主要都市で行われます。
合格発表は一次試験が7月上旬で二次試験が8月下旬です。

労働基準監督官は、労働行政の最前線の分野で働くこととなるので、
特に不景気時における賃金不払いや安全衛生を徹底しない企業等、労働条件等の劣悪さを改善する役割が
期待されており、今後の労働行政を良くするためには必要な人材であると認識されています。

About

Categories: 公務員一覧