法務教官

国家公務員の中でも少年少女の生活指導を行っていく役割

法務教官とは、少年院や少年鑑別所で勤務する仕事です。
非行を犯した少年少女の問題性から、集団活動や面接、相談を通して指導していくのが法務教官の役割になります。
生活指導も重要で、教育をしていくことで、社会復帰ができるようにしてあげることが重要です。

法務省に所属する職員で、国家公務員にあたります。
官職名として法務教官と呼ばれますが、試験区分は男女で法務教官Aと法務教官Bという形に分かれており、制服も違いがあるように定められ貸与されるのです。
他の国家公務員とは、さまざまな違いがあるといえるでしょう。

法務教官の力にかかる更生

少年少女の場合、出所しても再び罪を犯してしまうケースが多々あります。
そうならないようにするためにも、法務教官がしっかりと教育指導しなければいけません。
それが、社会全体の安定にも寄与売るため、とても重要な意味を持っているといっていいでしょう。

特に近年は、犯罪が多様化し、凶悪化した事件も多くなり、社会問題となることも少なくありません。
いかに更生させて、社会復帰させるのかという事は、法務教官にかかっているといってもいいでしょう。

少年院と少年鑑別所

具体的な仕事としては、少年少女が罪を犯した場合、家庭裁判所により保護観察処分を受けると少年院送致となります。
その少年院で共同生活をしていくことになりますので、教育・指導を行うことになります。

簡単に教育・指導といっても、実に様々で、資格取得のための指導や訓練だったりすることもありますし、体育の授業を行うこともあるのです。
そのうえで、採点や成績もつけなければいけませんし、評価測定も行っていくことになります。

少年院に比べて、刑が決定する前に収容される拘置所に当たるのが少年鑑別所です。
このたとえからいけば、少年院は刑務所に相当すると考えることができます。

一定期間にわたり、宗教することになりますが、その中でも規律正しい生活を遅らせなければいけません。
さらに、資質を見極める場所でもありますので、法務技官と共に法務教官は重要な意味を持ちます。

少年少女の人間性や性格を見極めながら、校正できるかどうかを判断することになり、そのための資料作成にも携わりますので、大きな判断を下すことになるのです。
こういった仕事になるだけに、人間的な資質も必要ですが、洞察力や判断力もなければ勤めていくことはできないでしょう。

この法務教官になるためには、年齢制限はありませんし受験制限も存在しません。
学歴も問われませんが、大卒程度の学力が想定されていますので、相当な勉強をしていかなければ合格することは難しいといえるでしょう。

About

Categories: 公務員一覧