外務専門職

外務専門職とは

よく「外交官」という職業の存在があがることがありますが、語学を駆使して他の国の人とコミュニケーションをとり、日本のための交渉などをしていくのがこのお仕事になります。
日本は地球にある国の一つですよね。
だからこそ、日本だけで生活をすることができるわけでもやっていくことができるわけでもありません。国同士、いろいろとコミュニケーションを図りながら円滑な国際交流をしていくこと、これが必要になります。
外務専門職は、日本が海外にアピールをするなどする上で、必要不可欠になる資格と言えるのではないでしょうか。

外務専門職の特徴について

やはり「外国語を駆使する」ということが他の職業とは異なるのではないでしょうか。
日本にはたくさんの公務員がいて、それぞれが役割を果たすからこそ国が成り立っているということができます。
さて、そんな外務専門職についてですが、まず基本は「高度な専門性」を持つことがひとつです。海外で対等にやり取りをするには、やはり外国語に精通していなければなりません。難しい単語もしっかりと理解し、それを使って話ができる様になることが条件だからです。
いわゆる「外国語のスペシャリストを育てる」ということが必要になるわけですね。

大体は、色々な言語の中から一つを担当し、その国を担当するというのが主流になる様です。
英語だけでなくいろいろな言葉がありますので、その言葉たちの中から得意分野を選んで勉強していくことが必要になるのではないでしょうか。

外務専門職の試験について

とにかく、難しいと言われるのが外務専門職の試験です。
出題される範囲こそ少ないものの、それぞれの難易度が半端ではないので生半可な知識ではまず太刀打ちできないと考えて下さい。きちんと勉強をしておかないと、まず合格はできません。
外国語を話すことができたとしても、経済などについて理解をしていなければ合格は無理と言っても過言ではありませんので、そのことを踏まえてもかなり難しい試験であると言えるでしょう。

もちろん、一次試験の段階から試験の方法は記述式です。マークシートとかそういう試験ではないので、勉強しないと合格できないの意味は良く解ると思います。
合格のためには、とにかく過去問をしっかりやっていくしかありません。

これらの難易度の高い試験に合格すれば、あとは研修などを経てきちんと仕事をすることができる様になるので、まずは何よりも「合格のために努力をする」ということが必要です。語学のスペシャリストとして信頼性も高い外務専門職の仕事に、ぜひとも挑戦をしてみて下さいね。きっと、やりがいのあるお仕事になると思います。外務専門職は目指して損はないお仕事です。

About

Categories: 公務員一覧