地方初級公務員

高校卒業程度を想定している

地方初級公務員は、公務員の中でも都道府県に採用されて働く公務員を指します。
一般的な名称として、上級、中級、初級と分かれていますが、その中で地方初級公務員は高校卒業程度を想定している点に違いがあるのです。

あまり採用がないといわれてきた地方初級公務員ですが、近年事情が変わってきました。
その理由の一つとして、団塊の世代が退職する時期となり、人材が足りなくなってきているのです。
そのため、各自治体で募集が活性化してきており、採用数も増加してきています。

地方初級公務員といっても、さまざまな義務が生じる点は忘れてはいけません。
職員の服務義務ということを誓わなければならず、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、かつ、職務の遂行に当たっては全力を挙げてこれに専念しなければならないとされているのです。
これに反した場合には、懲戒処分になってしまいます。
この宣誓をすることになりますが、この宣誓をしたからといって義務が発生するわけではなく、職務に当たる以上義務が発生するという点を取り違えてはいけません。

都道府県採用と政令指定都市

仕事の内容としては、一般事務、警察事務などが知られていますが、学校の事務も地方初級公務員の仕事の一つです。
これらは、都道府県職員の場合であり、技術系の採用の場合には、農業や土木、林業などもあります。
政令指定都市職員の場合には少々異なり、警察事務などはありません。

受験資格は各自治体によって明確にされています。
学歴規定を設けていることがほとんどで、大学卒業見込みの場合には受験できません。
つまり、受験に不安があるからといって、地方初級公務員を選択するわけにはいかないのです。

合格から採用までを考えると、最終合格者は、試験区分別に採用候補者名簿に記載されることになります。
この記載の順番は、得点順に記載されることになりますので、得点がとても重要な意味を持ってくることがわかるでしょう。
各人事委員会は、この名簿を基準として、欠員状況に合わせて採用を決定していくことになるのです。

採用試験を受験したいのであれば

地方初級公務員の採用試験の場合、ある程度パターンがあると考えられています。
対策としては、多くの情報を持っているほうが格段に有利といえるでしょう。

一般的には、地方初級公務員の場合、独学でも問題はないといわれています。
多くの情報を集め対策をすることで十分だと考えられるからです。

しかし、誰でもそういった情報を手際よく集められるわけではありません。
そんな時には、資格学校など専門のスクールの情報を利用していくことも重要なこととなるでしょう。

合格ラインに立たなければ、競争にもなりません。
そのうえで、点数もとっておかなければいけないのですから、有効な手段はできるだけ利用することが大切なのです。

About

Categories: 公務員一覧