保育士採用試験について
保育士

子供の未来を支える保育士の仕事

ご存知のように、今は働く女性がとても多くなっていて、だからこそたくさんの人が「子供を保育園に預けたい」と考えています。
「子供は三歳になるまでは自分の手元で育てた方が良い」と「三歳児神話」が話題になったこともありますが、今は早いうちから子供を預けて働く人も珍しくありません。
さて、そんな保育士ですが、やはり保育園の需要が高まるにつれて「保育士を雇いたい」と考えるところも増えてきました。それに関連し、保育士の資格を取りたいと考えている人も増えています。

意外にいろいろなところで働ける保育士

実は、保育士というのは本当にいろいろなところで働くことができることが解っています。
たとえば乳児院や児童養護施設。ここに預けられている子供のお世話をするために、保育士の存在は必要不可欠なものになっています。また、母子生活支援施設に関してもそうですね。
あとは、子供を遊ばせることが可能な児童館でも保育士は活躍しています。ここでは、保護者から子供に関する悩みごとを聞いて支えるという活動も行われていますので、経験豊富な保育士が必要です。
障害者施設で働く人も増えていますので、そういった事情もあるでしょう。
思った以上に色々なところで働くことができる保育士だからこそ、なりたいと考える人も増えています。

では、保育士採用試験とは

保育士採用試験はあらゆるところで行われていますが、中でも良く言われているのが年齢です。
これはわりと色々なところで言われること。
若い人を採用する場所が多いですが、やはり経験豊富なベテランの手が欲しいと考える人も少なくはない様ですね。どんな人材が欲しがっているかはその保育園によりますので、きちんとそれを踏まえて応募をすることが必要になります。
また、最近は保育士免許だけでなく幼稚園教諭の免許を持っていないと合格できないというところもあるそうなので、今後は幼稚園教諭の資格を持つことも重要になるのではないでしょうか。
今後保育士になりたいと考えている人は、この資格のことも視野に入れる必要があるでしょう。

地方自治体が決まり事を定めている場合も

地方自治体がしっかりと決まり事を定めていることもあります。
たとえば、女性であることを優先している地域もあります。これはやはり「保育士は女性の仕事」という固定観念があるためで、利用者にとってよりよい保育園であるために女性を多く雇うのではないかと言われています。
また、そればかりではなく年齢制限がある場合もありますので、自分が採用の範囲内であるかどうかをきちんと見極めておくことが必要になります。
きちんと合格できるかどうかを考えて応募すること、それが必要になるのではないでしょうか。

About

Categories: 公務員試験