採用試験の受験対策について

受験の対策方法

目標としている区分の公務員試験は、
しっかり事前に対策を行っていくことが大切であります。

多くは、大学や高校といった在学中に公務員試験を目指すことが
多いと思われますが、そういった大学や高校でも進路指導の一環として
公務員試験の対策を手厚く行っている学校があります。

公務員試験は、平等に試験を課して行う試験でもありますが、
多少縁故といったものがあると有利に働く場合があるというのが実態です。

確かに、全く知らない人を公務員とするよりも、
多少縁故があってその人のことを知っている場合の方が、良い訳です。
大学の公務員の進路指導でも、そういった指摘をなされる場合もあるようです。

ただ、一般の試験は教養試験と専門試験といった筆記における試験が主流であり、
その試験によって高得点をマークすることが合格に至る近道でもあったりします。

必要な問題集についても、書店で沢山並んでおり、自分の自治体で出題され
過去問を手に入れるとベストかもしれません。特に教養試験では、全国的に共通な
常識問題が主流であるのでその効果は高いかもしれません。

高校生から目指すのがおすすめ

高校時代に公務員を目指す人がいます。
高校生であればそういった人には進路指導でも手厚く行うことが
出来たりしますし、地方公務員であればなりやすい印象があります。

過去にその高校のOBがその地元の公務員として働いている場合では、
専門の枠を毎年幾つか採用枠を設けている場合もあり非常に有利です。
また進路指導室との厚いパイプがある場合すらあるのです。もし、公務員を
真剣に目指すなら高校の段階で狙うのが得策だと言えそうです。

なお、公務員の予備校や通信講座も現在、充実している傾向があります。
田舎の高校生が公務員予備校を通うことはあまりないと思いますが、
大学生は公務員予備校を通う場合は多いかもしれません。

なぜなら、進路指導がうまく機能していない大学も多かったりするからです。
そのため、公務員になるための公務員試験対策を専門に行う予備校に通って、
ダブルスクールをする人が目立ちます。

それ以外には、通信講座で公務員試験対策を行う場合もあります。
そういったスクールでの学習内容には、筆記試験対策がメインでもありますが、

それだけでなく面接試験に重点においている場合があるのです。
それ以外でも就職試験でも面接試験は、非常に重要な試験であるので
その対策を事前に行うことは公務員に限らず潰しが利くのです。

高校生は面接がやや有利に

面接試験については、場数を踏んでいかないとその状況に応じた受け応えが
確立していかないので、第三者的なアドバイスを受けることが重要です。
公務員試験の面接でも、聞かれることがほぼ決まっており、それに対する
想定的な訓練は事前にしておくことが必要になってきます。

先ほど、公務員試験は高校生から目指すべきと申しましたが、
この面接試験についても、若干アドバンテージが高いのです。
多少、しどろもどろの受け応えでも若いので場数が少ないので
しょうがないといった判断も面接官によってはなされることが多いのです。

多くの人が筆記試験は自信があるけど面接試験だけはちょっと
自信がないといった考えを持っているので、なおさら高校生時代に
公務員を目指すことが一番合格しやすいと言えそうです。

About

Categories: 公務員試験