向いている人については
向いている人

技術系と事務系

公務員の仕事には、どういった種類の公務員になるかによって、
自分に向いているかどうかも違ってくるのが本当の所でもあるそうです。

種類には大別すると技術系や事務系の二種類に分かれており、
技術系に関しては電気・ガス・水道系等の公務員が考えられ、
事務系は人材、税金、保険関係等の分野に分かれています。

特に技術系と事務系の二つに分かれるのは地方公務員が多いようです。
確かに地方自治体は、地方に住む人の生活に直結するような業務を行うことや
必要が多く、その裾野が広がっているのが多いのです。

そういった裾野が広がってくることから、本来は公務員が担当すべき業務を、
民間に請け負ってもらったり、アウトソーシングをしたり等のケースも最近は
多くなってきました。

また民業圧迫の観点からも、なるべく国や自治体自体が
必要最低限度の業務のみを行うという小さな政府といった論議が行われることも
あったぐらいで、事業に関する仕分け制度を導入するなど、変化しているのも
事実であります。

勿論、人々の生活の変化も時代と共に変わってくるので、
それに公務員の仕事自体も変化するのは当然でもあるかもしれません。

そういった点を考慮すると、幅広い住民サービスを行う視点と
変化した仕事を受け入れられる面がこれから必要になってくると思います。

事務系であれば、事務処理は反復継続した処理を適格に行うことが
必須要件の一つでありますが、それは事務処理の公平さからも要求される訳でも
あります。

地方公務員として働く

地方公務員の視点としては、特に住民サービスの向上に努めることが望まれます。
住民自体が安心してその地域で暮らすことが出来る制度が望まれており、
住民のニーズの高まりに適格に応えられる自治体が良いのです。

多彩なアイデアを展開して、利用しやすい親しみが持てる
といった自治体も全国にはあるのです。

そういったサービスを実現するには、公務員一人一人の意識改革が
求められることは確かです。熱意と情熱のある人材が必要となり、
問題提起型の人材が必要になってくるのです。

国家公務員の視点では、専門性が発揮される分野の公務員になるケースが
多いので、大学での研究をそのまま国家の機関で行う場合もあったりします。

理系のニーズが高いこともありますので、理科系の研究雑誌に
論文を掲載するぐらい研究成果が必要になる場合もあります。

国家公務員として働く

国家公務員は、東京大学出身者が多いので、その学閥が多いのが
特徴でもありますが、現在では私学でも門戸を開放していますので、
そういった学生の志願者も増加していることが見て取れます。

専門分野を持っていて、そういった研究に余念がないといった
スペシャリスト志願の人は、国家公務員が適職になるといえそうです。

国家公務員でも地方公務員でも共通して就職として捉えれば、
安定的な身分保障があることは確かでもあり働きやすいのですが、
そういう面は働く面での待遇の面の一つでもあり、時代の要請に応えられる
アイデアマンが共に必要になってきているのは確かかもしれません。

日本は行政、司法、立法の三権分立の国であり、その行政の主体が
公務員であるのは確かですので、その行政を預かる使命感が必要となるのです。

About

Categories: 公務員とは