志望動機について

なぜ志望動機が聞かれるのか

公務員を受験すると第一次試験では筆記試験が行われますが、
第二次試験では作文試験が行われ、志望動機をテーマとして
文章を書かされる場合が多いです。

また面接などでも志望動機を聞かれたりすることもあって、
そういった場合の受け応えをしっかり考えておかないととっさに問題が出てきたり、
質問されたりしてもうまく対応することが出来ない場合も多いです。

志望動機とは、その仕事に就くための動機のことであり、なぜその仕事に
就きたいのかといったことを、自分に問いかけることからスタートするものです。

勿論、公務員以外の民間企業でも志望動機を聞かれることは多いはずです。
それだけ、志望動機がハッキリしていないと就業の態度や姿勢等にも影響が
見られますので、それを人事側としては問いかけたい訳であります。
公務員の場合は、民間以上にそれを問いかける場合が多いのです。

志望動機を考えよう

そこでインターネット上でも検索を行ってみると、公務員になるために試験を受験したいのですが
志望動機はどうすれば良いのかが解らないといった質問を見かけることが多いです。
勿論、具体的な志望動機の理由を考えられている例文も沢山あるのも事実です。
そういったものを参考にして、自分に合った理由を見つけ出すことが大切でもあります。

確かに公務員であると安定的な職場環境であるといった理由を
誰しもが志望動機の根底にはあるものですが、それを直接表に出してしまうのは如何なものかといえます。
そこは、やはり、公に奉仕する姿勢というモノを前面に打ち出していくことと
自分の過去の体験や学校で学んだことの興味から志望動機に結び付けていくことがコツであります。

全く思いつかない場合は例文を参照にすることはありですが、
その例文自体が鵜呑みにしてしまうと突っ込んで聞かれた時に何も答えられなくなる
恐れがあるのです。民間の場合はそういった突っ込んで聞かれることが多いですが、
公務員の面接の試験でも深く聞かれる場合もあるのです。

志望動機を答える時のコツ

志望動機についても、なるべくは簡潔にして、
相手にしっかりと解って貰える工夫をした志望動機を
編み出す必要があるのです。

面接試験の醍醐味は、志望動機に始まり、
志望動機に終わるといったことがあるぐらいです。

なお最近は、面接で情熱をアピールする人がいますが、どちらかといえば自然体の方が好まれます。
自然体の方が、肩に力が入っていないリラックスした状態なので好印象を持たれるのです。
ただ自然体の中にも熱意がある文言を盛り込むことも面接を成功させるコツになるといえます。

たまに高校生が公務員試験で面接に望む場合、ほぼ面接官としては
事前にその受験する高校生の情報を学校側から聞き入れている場合があります。
それによっては、ほぼ100パーセントの確率で採用が決定されることもあるそうです。
そして、面接ではちょっとした確認をする程度で、嘘がないかどうかの確認で終わる場合もあります。

案外、高校生で公務員試験を受験した場合の方が、
大学での公務員試験を受験する場合よりは区分こそ違いますが、
ハードルが非常に低く感じる印象がないでもありません。

About

Categories: 公務員とは