公務員試験の難易度について

公務員試験には難易度がある

公務員になる為には、公務員試験に合格しなければいけません。

この公務員試験というのは、難易度別に分けられるのが特徴となっています。
一番やさしいといわれている公務員試験は自衛官の採用試験で、
数ある公務員の試験でも一番簡単といわれています。

この自衛官というのは2等陸や海空士の男女です。
一般的なレベルの難易度としてあげられるのが刑務官と警察官採用試験であり、
刑務官は筆記試験として比較的易しいです。

しかし非常に人気のある試験となっていますから、
倍率が高いという事を把握しておきましょう。


警察官になるには

警察官採用試験は大卒や短大卒高卒、さらには男子と女子に分かれます。
それぞれ試験は倍率とあわせても、難易度として一般レベルです。

ただし公務員人気と警察官への注目もあり、採用試験も狭くなっています。
合格を目指すのであれば、公務員試験の対策をしっかりと行わなければなりません。

警察官の場合、二つの種類の試験が用意されていて、
一つは人事院が行っている国家公務員Ⅰ種、Ⅱ種の試験です。
こちらに合格をし、国家機関としてある警察庁に採用されます。

二つ目は都道府県人事委員会が行っている警察官採用試験で、
この試験に合格すると採用になります。

難易度が比較的に一般レベルとされているのは、
二つ目の都道府県人事委員会画実施している試験です。
人事院が行っている試験は、難易度のレベルもアップします。

そしてここからは少し難易度がアップしているもので、
国家公務員一般職の高卒試験は難しいとされています。

高卒ということで、やさしいのではないかと考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。

人気職種の公務員ですから高校生で目指している方は非常に多いのですが、
倍率も高いので難しい試験となっています。

試験概要としては行政と技術で、
基礎能力試験と作文試験、筆記試験で高得点を目指す必要があります。

過去の問題をしっかりと勉強し、さらに試験対策を行うことが必要なほどの試験です。

難易度の高い試験

その他に難易度が比較的に高い試験として、
消防官採用試験や法務教官試験、国家公務員3種試験となります。

難易度が非常に高く人気もある試験は、国税専門官です。
教養試験と専門試験があり、どちらも幅広い知識を必要としますので、
しっかりと合格を掴み取る勉強が必要です。

地方上級の試験と同様に難しいのは、
外務省専門職員採用試験や自衛官幹部候補生、教員採用試験等となります。
教員採用試験は、格都道府県により相違がありますが、狭き門です。

最後に最も高い難度がある公務員試験は、国家公務員試験総合職といわれています。
難易度を5段階で表すとレベル5です。
公務員試験の中でも、外務公務員や裁判所事務官試験に続いて高い難易度でしょう。

さらに、国家公務員一種も高いです。
超難関といわれている試験ですから、何年もかけて対策が必要になっています。

公務員と一言で言っても、幅広い種類の試験がありますから、
難易度に合わせて学習を行いましょう。

About

Categories: 公務員とは