公務員の平均年収
年収

国家公務員と地方公務員

公務員と言えば現在非常に人気がある職です。
景気に左右される事がなく安定しているため、現在新卒からも、そして既卒からも
非常に人気があり、毎年多くの人がその採用試験にチャレンジしています。

さて、そんな人気がある公務員ですが、
一体どれくらいの給与を受け取る事が出来るのでしょうか。

公務員と言っても色々とありますが、とりあえず大きくは
国家公務員と地方公務員に分けて考えてみましょう。

これらの違いは仕事の種類の違いなどもありますが、
それ以外で言えばどこに属しているかというのが大きく違ってきます。

ちなみに前者は国、後者は地方自治体で採用されている為、
給与が出るところも違うのを知っておきましょう。

給与の比較

ではまずは国に属している国家公務員の方を見ていく事にします。
給与はその年によって増減する事はありますが、とりあえず平均年収は
全職員の平均を取ってみると大体662万円です。

仕事内容等によっても差が出てくるのでこの平均よりも多い所も少ない所もありますが、
大体この金額がその平均だと思って良いでしょう。地方自治体に属している地方公務員は、
全職員の平均は728万円となっています。

勿論これに関しても国家公務員と同様で、その仕事によってかなりの差が出てくるため、
この平均よりも多い所もあれば少ない所もある事を知っておきましょう。
公務員の年収は、企業の様に景気によってかなり変わる事は余りありません。

従って企業の年収が激減したリーマンショック等があったとしても、
それほど大きな差が出る事はないのです。

その為、現時点では国家公務員の場合は662万円程度、地方公務員の場合は728万円程度と
なっていますが、それ程毎年大きく増減する事はないので、今後もこれくらいの平均年収となる事が
予想できます。ちなみに、公務員の場合一度採用されると定年の年齢になるまでずっとそこで
働き続けるのが一般的です。

平均年齢と年収の関係

それだけ安定しているために人気があるのですが、
こうして平均年収を見る時は公務員の平均年齢についても一緒に見ておく方が良いでしょう。

また年収に関してはやはり採用されたばかりの人に比べると、採用期間が長い人の方が
自ずと高くなっていくので、年齢が上がれば上がる程年収はアップしていきます。

自分の年収と比較する時は、できれば全体の比較だけでなく
自分の年代ではどれくらいの年収を手にしているかを同時に見て
比較する様にする方が、より分かりやすくなるでしょう。

—–

About

Categories: 公務員とは